戻る

愛知県津島市の
不動産の購入と売却なら

愛知県津島市
エリアはこんな街

津島市は濃尾平野の西部、名古屋市から約16キロメートルの場所に位置し、愛西市、あま市、海部郡蟹江町と接します。津島神社の門前町として栄え、国の重要文化財である堀田家住宅や、600年近く前から続く尾張津島天王祭など、各所で歴史や文化に触れることができます。かつて津島市は尾張の商都であり、「信長の台所」とも呼ばれていました。そのため、ヨシヅヤやアオキスーパーといった広域展開のスーパーが津島市に本社を置きました(アオキスーパーは2011年に名古屋市中村区に移転)。東名阪自動車道に近い高台寺地区は、地方卸売市場流通センターや各企業倉庫などが多く並ぶ物流拠点になっています。また、藤の名所で、4月下旬から5月上旬にかけて尾張津島藤まつりが開催され、天王川公園には日本最大の藤棚が設置されています。春の桜、初夏の藤・睡蓮、秋の紅葉、冬の雪景色など、四季折々の景色を楽しむことができる天王川公園は、2007年(平成19年)に日本の歴史公園100選に選ばれました。

津島市は名古屋市より7㎞のところに位置する世帯数26,000ほどのベッドタウン。新築一戸建ては名鉄津島線「津島」駅から「日比野」駅までの、南北の線に沿って東へ約1㎞範囲内に多く点在します。 多く流通しているのは、物件価格帯が1,600万円~3,000万円台、敷地面積は50坪〜65坪台。敷地が広いため、ゆとりを持った設計の新築一戸建てが多いエリアです。また、中古一戸建て(100㎡)の平均価格相場は1,400万円台。隣の愛西市とは同じくらいで、あま市より500万円前後低くなっています。築年数20年を超える物件も多く流通しており、1,000万円以下で手に入れることができますので、リフォームをすることで、自分らしい素敵な暮らしを実現できます。また土地は平均21万円/坪(令和元年)で変動率は-0.58%。名鉄尾西線の平均地価よりも下回リます。市内の分譲中古マンションは40棟弱。古いもので築40年以上、最も新しいものでも2008年の建築です。ここ10年以内に新しいマンションは建築されておらず、総戸数50戸前後で床面積70㎡前後が多く流通しています。 津島駅から東側の大半で市の70%近くが開発をせず、無秩序な市街地の拡大を防ぐ市街化調整区域で、空気が澄み静かなエリア。津島市は 豊かな自然と歴史、そして新しい時代の波を感じることのできる地域でもあるのです。

area info

NEW津島市の新着物件情報

HPに掲載していない来店限定物件ございます!

売主様のご要望で、当サイトにご掲載できない物件が多数ございます。
ご来店いただき、希望条件を教えていただけますと、ご希望にあった物件を紹介させていただきます。


愛知県津島市の駅情報

愛知県津島市の駅の情報や、その周辺で売り出し中の不動産の情報を詳しくご覧いただけます。

名鉄津島線

名鉄尾西線


愛知県津島市の
小学校・中学校情報

愛知県津島市の小学校・中学校の情報やその周辺で売出し中の不動産情報を詳しくご覧いただけます。

愛知県津島市の小学校

愛知県津島市の中学校

愛知県津島市の不動産(土地・新築一戸建て・中古一戸建て・中古マンション)の購入、売却ページです。愛知県津島市の特徴や情報もぜひご覧ください。