Buy 家をさがす 家をさがす

購入にかかる諸費用や税金

不動産を購入する際の諸費用、税金についてご説明します。

01仲介手数料

売買契約の仲介に関与した不動産会社に支払う手数料で、購入の契約が成立した場合にのみ支払います。
売買契約時に半金、残代金決済時に半金を支払うのが一般的です。


<仲介手数料の上限>
取引物件価格
(税抜)
仲介手数料
200万円以下
取引物件価格(税抜)×5%+消費税
200万円~400万円以下
取引物件価格(税抜)×4%+2万円+消費税
400万円超
取引物件価格(税抜)×3%+6万円+消費税

02不動産売買契約書の印紙代

契約書に貼る印紙代です。売買代金により額面は異なります。
印紙代は一般的に売主様と買主様で折半して負担します。

03住宅ローンにかかる費用

住宅ローンを利用して購入する場合は融資金融機関や抵当権設定(担保設定)に費用がかかります。
この費用は融資を受ける金額によりますので、申込金融機関もしくは当社スタッフにご確認ください。

1.保証料

融資を受けるにあたって、融資金融機関が指定する保証会社の保証を受けることとなります。
保証会社によって定められた保証料を支払います。

2. 印紙代

融資金融機関との間で「金銭消費貸借契約」を結びます。
その契約書に貼る収入印紙代です。

3. 火災保険料

通常、融資金融機関は融資をするにあたり、
対象物件に火災保険を設定するように条件を付けます。
これは、万が一、融資後に火事などで対象物件が滅失した場合の保全のためです。

4. 抵当権設定費用等

融資金融機関は、融資をする対象物件に抵当権(担保)を設定します。

5. 融資取り扱い事務手数料

融資金融機関の事務手数料です。金融機関によって金額が異なります。イメージ

04登記費用

所有権移転登記・保存登記の登録免許税、司法書士報酬などがかかります。

05税金

不動産を取得後、不動産取得税という税金がかかります。
取得後6ヶ月~1年くらいの間に各都道府県から納税通知書が届きますので、
金融機関で納付いただくことになります。

不動産を購入する際には、仲介手数料や印紙代、登記費用など様々な費用がかかります。住宅ローンを利用して購入する際には、保証料や事務手数料などもかかってきます。